新築一戸建てやマンションなど不動産関連のお話

不動産とは

hudousan

不動産とは動かすことが困難な財産の総称である。
一般的には土地や物件を指すことが多いが、本来の不動産とは漁業権、組織なども含まれている。
また、建築物と土地は別々に数えられるため、所有している土地の上に立っている建物は土地所有者のものでないことも多い。

代表的な不動産はマンションや一戸建て住宅などになる。
マンションの場合は、建物自体を所有する大家と、分譲などによって購入した部屋を指す。
分譲によって購入したマンションや一戸建て売却することも可能である。また、新築一戸建てなどは建築前に購入されることも多く、注文住宅などもある。

新築一戸建てはいわゆるマイホームと呼ばれることもある。
購入する際にはほぼ必ずローンを組むこととなり、数十年かけて住宅ローンを支払うのが一般的である。

マンションの種類

mansyon

マンションには分譲と賃貸という購入方法、契約方法の違いの他に建物自体の種類がある。
まず分譲の場合は建設前にそれぞれの部屋の購入を募ることが多い。展示会やモデルハウスなどを開催して部屋の見本を見せて購入の判断をしてもらう。
建築前に完売した場合は、建築地に完売御礼と書かれる。

賃貸の場合は、不動産屋で物件を調べる場合と、実際に大家に話をして契約することがある。
店は仲介業であることが多く、店を経由して大家に話を付けるのか、店には物件のみ紹介してもらい、大家との交渉は自分でするかというケースから選ぶこともできる。
賃貸契約を結ぶ際には敷金礼金が必要となり、また入居してから一年以上は引っ越さない、もし引っ越したら違約金を支払うという義務が課せられることもある。

建物自体の種類は規模によって変化する。
タワー、高層、デザイナーズなどさまざまなタイプが存在している。

賃貸と分譲

新築一戸建て以外にも、一戸建てには種類がある。
はじめに分けて分譲と賃貸である。賃貸の場合はアパートに近い分類を受けることが多い。
例外的な賃貸としては下宿などがある。昭和頃には下宿を運営する一軒家が多く、学生を二階に住まわせるなどを行っていた。

分譲で人気なのは新築一戸建てとなる。
新築というのは、客の注文を聞いてから作る場合と出来上がったばかりの家を購入する二種類がある。
客が注文してから建てる場合は、注文建築と呼ばれる。
この場合は、建築会社のイメージと客のイメージをすり合わせ、希望の間取りの家を建てることができるなどメリットがあるが、その分資金は必要となる。


おすすめサイト

寝屋川で物件が豊富に揃う不動産は「メモリーホーム」